店頭において決済する時、もれなく体験したことがあると思うのですが担当者が未熟なためにどちらのレシートをお客様に対して渡したら良いのかわかっていないことがあります。といいますのも、クレカを使用すると機械の方から3枚の使用明細というものが出されるからで、これらのうちどの1枚を利用者の方に渡すべきかわかりにくいということがあるのです。複数枚の紙の解説)上記の3枚の明細レシートの意味とはいかなるものかについてまとめると以下の通り。1客へ保管してもらう紙。2店舗控え用の明細レシート。3カード会社控え用の明細レシート(記名を書く明細)。通常であればお客さん側へ保管して頂く使用レシートをもらうのですが、時として店舗で保管する使用レシートをお客様側へ誤って渡してしまったという場合の他、サインされた側の紙自体を渡すというなんていう事故さえも見受けられるのです。このようなケースは時間給スタッフであったり、普段からカードが使われることのない店舗等にてクレカを利用するとこのような店員の動揺が見られるでしょう(笑)。いつか店舗従業員が上記のように利用明細というものを渡してきた場合は親切に「違いますよ」と直してください。

Copyright © 2002 www.cadultosmaracena.org All Rights Reserved.