民事再生という方法は住宅ローンを含めて複数の債務に苦しむ人々をターゲットとして、住んでいる家を手放さずに金銭管理においてやり直すための法的な債務の整理の道として2000年11月に施行された法律です。この法律には、破産手続きとは異なり免責不許可となる要件がないので投機などで借金がふくらんだような場合でも申請はできますし、自己破産をすれば業務ができなくなる免許で働いている場合等でも制度の利用が可能です。破産手続きでは、マイホームを残すことは許されませんし特定調停等では圧縮した元金を返済していくことが求められますので、住宅のためのローンを含めて返していくことは実際のところ難しくなるでしょう。といっても、民事再生を採用できれば、住宅のためのローンを除いた借入金は少なくない削減することが可能なため、住宅ローンなどを返しながら残った借入金を返していくことが可能ということです。しかし、民事再生という選択は任意整理による手続きまたは特定調停等とは違い特定の債務を除外扱いして処理していくことは不可能ですし、破産手続きの際のように負債それ自体なくなってしまうということではありません。これ以外の債務整理と比較して若干手間もかかりますので住宅ローンなどを組んでおりマンションを維持していきたいような状況等を除外して、破産申告等それ以外の債務整理ができない場合の解決方法と考えた方がいいでしょう。

Copyright © 2002 www.cadultosmaracena.org All Rights Reserved.